2008/12/17

lack of oxygen is not good for lose weight(diet)

lack of oxygen is not good for lose weight(diet)

酸素不足lack of oxygenは要注意!
満員電車に乗ってたり、人ごみの中を歩いてると、息苦しく感じる時があります。

人がたくさんいて、緑が少ないところは、酸素不足lack of oxygen地帯です。都会に住んでる人は、ただでさえ酸素が不足lack of oxygenしてるのに、空気が悪いから呼吸も浅くなったりして、気づかないうちに身体に酸素が不足してることがあります。

酸素が不足lack of oxygenすると、脳が正常に働かなくなったり、身体がだるくなったり、貧血やめまいを起こしたりと、いろんな悪影響が出てきますが、ダイエットにも少なからず影響があるんです。

脂肪を分解してくれるリバーゼっていう酵素は、酸素があると活性化して、せっせと脂肪を分解してくれます。有酸素運動aerobic exerciseが脂肪燃焼fat burningに効果的effectiveなのもうなずけます。

つまり、せっかく運動exerciseしても、酸素が不足lack of oxygenしてると脂肪燃焼fat burningの効果が減ってしまうということです。

最近は酸素水やら酸素バーやら、いろんな方法で酸素を取り入れる方法もあります。

また、取り入れた酸素を効率よく使うためには、鉄分も欠かせません。酸素を運ぶ役割をするヘモグロビンを作るのに、鉄分が必要だからです。

特に女性は、生理で鉄分が一気に失われるから、より多くの鉄分を補給してあげる必要があります。レバー、牡蠣、ほうれん草など、鉄分の豊富な食材をとることで、酸素を多く取り入れて、効率よくダイエットしたいですね。

2008/09/05

the method of how to prevent Alzheimer's(アルツハイマー予防法)

the method of how to prevent Alzheimer's(アルツハイマー予防法)

アルツハイマー病Alzheimer's認知症、痴ほう症)の症状を引き起こさないためにできること。

NHKのためしてガッテン(NHK: Tameshite Gatten)で放送されてたのですが

ちょっと ダイエットdietには直接は関係ないかもしれませんが

ダイエットdietに通じるものがあります。

つまり 下記の3つのことをしていると

  アルツハイマー病Alzheimer's(認知症、痴ほう症)の症状
が発生しにくいとのことです。

  実際には明らかに脳は委縮しているのにですよ!!!


アルツハイマー病Alzheimer's予防の3原則
3 important points for the method of how to prevent Alzheimer's

  1.有酸素運動をする
do aerobic exercise

  2.話し相手を持つ
have people to talk

  3.生活習慣病にならない食生活
eating habit to prevent life-style related disease

上記の1と3は

 ダイエットdiet(肥満対策how to lose weight) 

で行われているものと同じ事です。



βタンパク(β protein)というものが脳にはいつも発生しているのですが 

年を取りそれの処理が出来ずにたくさん溜まっていくと

認知症の症状が表面化してくるということです。



βタンパク(β protein)が脳にたまり始めてから

このような認知症の症状が出るまで、およそ20年かかると考えられています。

その間に、何か予防の手だてをとることができないのでしょうか?


83歳のBさんは、3年前に受けた脳の検査で異常が見つかりました。

脳の写真を見た結果、

同年代の人に比べて海馬の部分が大幅に縮んでしまっていることがわかったのです

専門家に伺うと、「明らかにアルツハイマー病Alzheimer's の疑いがある」と言います。



しかし本人はというと、日常生活に問題ないばかりか、

病院で記憶力などを調べるテストを受けた結果は満点! 

実は最近、脳の写真を見るとアルツハイマー病Alzheimer's が強く疑われるのに、

全く問題なく暮している人がたくさん見つかっているのです。



Bさんに症状が出ていない理由は、はっきりとはわかっていません。

しかしBさんにお話を伺ってみると、

実はこのあとで紹介する3つの予防術を全て守っていたことがわかりました。

そのことが、発病を食い止めている可能性があると考えられるのです。



予防術その1 ◎ 3倍なりにくくする予防術

「有酸素運動をする

アメリカで3年前に行われた実験で、

「運動しやすい環境に置かれたマウスは、βタンパク(β protein)がたまりにくい」

という結果が示されました。

運動によって、脳でβタンパク(β protein)を分解する酵素が活性化したと考えられています。



「運動」がアルツハイマー病Alzheimer's を予防する効果があることは、

大規模な調査でも明らかにされています。

たとえば、ヨーロッパで3年前に行われた調査では、

1449人を20年にわたって追跡した結果、

適度な運動をしている人は、していない人よりも、

アルツハイマー病Alzheimer's の危険度がおよそ3分の1になっていることが明らかになりました。

なお、予防効果が見られたのは、

  1回20分以上の、

  ちょっと汗ばむ程度の運動(有酸素運動)を

  週に2回以上

行っている人たちでした。



予防に効果!「○○○手を持つ」

島根県にある認知症のデイケアでは、

患者さん自身の気持ちを知るために手記を書いてもらっています。

手記には、病気がまだ軽いうちから

周りの人に話しかけてもらえなくなり、

孤独を抱える患者さんの思いが記されていました。



実は専門家によると、

会話が減るとアルツハイマー病Alzheimer's が進行してしまう

ことがあるというのです。

そこで、会話をしているときの脳を調べると、

とても活性化していることがわかりました。



予防術その2 ◎ 8倍なりにくくする予防術

「話し相手を持つ」

8年前にヨーロッパで発表された研究によると、

1203人を3年間追跡した結果、

家族や友達が多く社会的接触が多い人に比べ、

乏しい人は認知症の発症率がおよそ8倍でした。


その理由として、

会話をすることによって脳が活性化し、

アルツハイマー病Alzheimer's になるのを抑える効果があったのではないかと考えられています。



予防術その3 ◎ 6倍なりにくくする予防術

「生活習慣病にならない食生活」

ヨーロッパで3年前に発表された、

1449人を20年に渡って追跡した研究によると、

以下の項目があるとアルツハイマー病Alzheimer's を中心とした認知症の危険度が増すことがわかりました。

高血圧
危険度1.97倍

高コレステロール
危険度1.89倍

肥満
危険度2.09倍

上の3つすべてにあてはまる場合
危険度6.21倍


なぜこのような結果になったのか、

理由はまだ完全にはわかっていません。

しかし、これらの状態は脳への血流に影響を与えたり、

βタンパクを溜まりやすくしたりすることによって、

アルツハイマー病Alzheimer's になりやすくするのではないかと考えられています。



まとめ
アルツハイマー病Alzheimer's予防の3原則

   有酸素運動をする
   話し相手を持つ
   生活習慣病にならない食生活

go to "lose weight by surprising easy method and amazing miracle diet"
friends:healthy lose weight diet